楽らく介護への道

日々の介護の負担を減らす役立つ情報や便利な介護グッズをご紹介します。

安定感抜群 ! 軽くて便利、四点式稼動杖「お出かけステッキ」

 

 女の子アイコンお元気でしょうか? 毎日の介護、お疲れ様です !

 

 

 高齢者の方にとって、欠かせないものといえば、杖(つえ)があります。

 

 

昔から、「転ばぬ先の杖」と、よく言いますが、杖を持つことにより、三本足となり、安定感が増し、転倒しにくくなります。

 

 

高齢者の方の転倒は、骨折や、寝たきりの原因にもなりますので、上手に杖を使用して、転倒防止に努めたいものです。

 

 

最近では、外出時だけでなく、ご自宅内でも、杖を使われる方も増えているようです。

 

 

超高齢者社会となり、各メーカーより、軽くて、お洒落な杖が、多数販売されるようになりました。

 

 

昔の杖は、木製が多いものでしたが、近年は、軽くて丈夫なアルミ製の製品が主流となっています。

 

 

ほとんどの杖が、ご自分の身長に合わせて、長さを調節出来るので、とても、便利です。

 

 

最近では、安定感のある地面に着く部分が四点式のものも、見かけるようになりました。

 

 

数日前に、私の母が、膝を痛めたので、安定感のある四点式の杖を購入してみました。

 

 

幸和おでかけステッキCAM03-GYグレー屋外・屋内用

 

 

 

 

株式会社幸和製作所さんの、商品名「おでかけステッキ CAM03-GY」です。

 

 

ちょっと、お高いですが、アルミニウム合金製で軽く、持ち手も、発砲ゴムが、使用されているので、とても握りやすく、すべりにくくなっています。

 

 

 おでかけステッキの持ち手部分

 

 

何より、四点式ですので、安定感がありますが、多の四点式杖と違って、杖先上部のジョイント部分が、前後左右360度に、少しだけ可動しますので、傾斜のある地面でも、接地面が、とても安定します。

 

 

おでかけステッキの四つの杖先部分  

 

 

また、他の四点式杖と違って、四つの杖先ゴム部分の幅が、約半分の長さで、コンパクトな作りとなっていますので、誤って、足に接触したりすることもありません。

 

 

もちろん、長さ調節も、10段階に調節可能です。

長さ調節後、止めねじで、しっかり固定出来るので、安心です。

 

 

おでかけステッキの長さ調節部分  

 

 

普通の杖先が、一つの杖は、壁に、立てかけたりすると、よくすべって倒れたりすることがありますが、四点式なので、杖から手を放しても、しっかりと自立するので、とても、便利です。

 

 

今回、母が膝を痛めて、この四点式の杖を購入したので、ネットで杖の使い方を調べてみたら、多くの方が、そうだと思いますが、これまで、私も、間違った杖の使い方をしていたようです。

 

 

普通に、痛みなどのある悪い足の側に、杖を持つのは、誤った使い方だそうです。

(足の痛みや障害の重さにより、他の杖の使い方もあるそうです)

 

 

必ず、杖は、痛みのない足(健脚)の側に持つのが、正解です。

 

 

基本的な杖の上手な使い方

 

No,1  最初に、杖と同時に、痛い足の方を前に出します。

 

No2  次に、杖に、体重をかけるようにして、正常な足(健脚)を、杖と痛い足よりも先に、足を踏み出します。

 

これを、繰り返しながら歩いて行くのが、基本的な、正しい杖の使い方だそうです。

 

この歩き方の方が、杖と健脚の方に体重をかけるので、案外、痛みのある足に負担を掛けないそうです。

 

 

最初は、戸惑うかもしれませんが、慣れてくると、スムーズに歩くことができるようになってきます。

 

 

 正しい杖の使い方をすると、痛めた足に負担を掛けにくくしてくれますので、日常、杖を使われる方は、正しい杖の使い方を、ぜひ、練習して、マスターされてみて下さい。

 

 

 

 赤の星アイコン アマゾンさん  

同様の商品が、ありましたが、なぜか高額でした・・

 

 緑の星アイコン 楽天市場 くらし弐番館さん

 

 

 

感謝 赤い女の子のライン  

 

 

 

驚異の一秒検温、おでこに表示「パピッとサーモ PRO」

 

 女の子アイコンお元気でしょうか? 毎日の介護、お疲れ様です !

 

 

 最強寒波が、日本列島を包み込み、各地で、今年一番の厳しい寒さとなっています。

 

 

 どうぞ、お身体大切に、無理をせず、暖かくして、お過ごし下さい。

 

 

そんな厳しい寒さの中、インフルエンザも、日本各地で、猛威を振るっています。

 

 

厚生労働省によると、 今年のインフルエンザの患者数が、過去20年で、集計を取り始めた1999年以降、最多を記録したそうです。 (2019年2月1日現在)

 

 

 十分な食事と睡眠、そして、手洗いうがいをしっかり行い、インフルエンザ予防に努めましょう。

 

 

特に、感染すると重症化しやすい、幼い子供さんや高齢者の方は、十分な注意が必要です。

 

 

 私も、実践していますが、緑茶に自然塩(伯方の塩など)を少し入れて、うがいをするのも感染予防に役立ちます。

 

 

 先日、テレビで、放送していましたが、紅茶でうがいをするのも、インフルエンザの予防効果が高いそうです。

 

 

 風邪やインフルエンザが、流行するこの時期、活躍するのが体温計です。

 

 

 昔は、体温計と言えば、「水銀計」でしたが、最近はデジタル体温計が主流です。

 

 

水銀計は、電池いらずで、正確に測れますが、割れやすいのと、検温に時間が掛かるのが、欠点です。

 

 

デジタル体温計は、軽く壊れにくく、スピード検温出来るので、とても便利です。

 

 

私が、自宅で使っているのは、TERUMOのデジタル体温計「ET-C231P」です。

 

 

 「20秒検温」となっています。

 

 

早く量れる仕組みは、体温上昇のデジタルデータを、解析、演算して、体温を予想して、デジタル表示されます。

 

 

正確に体温を測りたい場合は、約10分間はさみ続けると、正確な体温が電子音と共に表示されます。

 

 

 あなたは、どんな体温計をお使いでしょう ?

 

 

今回、ご紹介する驚きの体温計は、NURSE ANGIE さんの「パピッとサーモPRO」 です。

 

 

ナースアンジー (NURSE ANGIE) 投射型非接触式体温計 パピッとサーモ(R) PRO NIR-10 脇下温換算対応

 

 

 何と、検温時間は、驚異の、最短1秒です。

 

 

   驚く女の子  

 

 

体温を測りたい人の、おでこに向かって、センサーを向けて、ボタンを押すだけで、測定された体温が、おでこに投射され、デジタル表示されます。

 

 

通常の体温計と違って、脇の下に挟む必要が無いので、小さいお子さんや、高齢者の方でも、簡単に体温測定できますので、とても便利です。

 

 

おでこには、太い血管が集中しているそうで、おでこの皮膚表面から出る放射熱(赤外線)を、センサーが感知して、体温を測定するそうです。

 

 

よく相手のおでこに手を当てて、熱があるかどうか測りますが、手の感覚ではなく、実際に、おでこの表面温度をセンサーで測る感じでしょうか。

 

 

また、測るのが、他人だけでなく、自分自身でも、計測する事が出来ます。

 

 

ご自分のおでこに向けて測定後、壁などに向かって映し出せば、セルフ検温できます。

 

 

 測定結果は、約10秒間、投影表示されます。

 

 

暗い場所でも、測定結果が、光ってデジタル表示されますので、とても便利です。

 

 

肌に触れる必要が無いので、汗で汚れたりすることもないので、とても衛生的です。

 

 

じっとしていない幼い子供さんや、体温計をしっかり挟んでくれない高齢者の方でも、楽々、体温測定できるので、煩わしさを感じることもありません。

 

 

 「熱がありそう・・」と感じたら、気軽に、体温測定できるので、とても便利です。

 

 

 重さも、約60グラムと軽量で、操作も簡単で、使いやすいです。

 

 

小さな子供さんのいらっしゃるご家庭や、高齢者の方を、ご自宅で介護されている方におすすめです。

 

 

赤の星アイコン アマゾンさん  

緑の星アイコン 楽天市場  

 SHOP OF THE AREA 2017を受賞のアイウィル イズミヤさん

 

気づかないうちに進行する床ずれ、予防が大切 !

 女の子アイコンお元気でしょうか? 毎日の介護、お疲れ様です !

 

 

自宅で、寝返りの出来ない寝たきりの方や、車いすを、日常的に使われるお身体の不自由な方を、介護されている方にとって心配なことは、「床ずれ」です。

 

 

気づかない間に、重症化してしまう場合もありますので、十分な注意が必要です。

 

 

ヒントアイコン床ずれ」とは、

 褥瘡(じょくそう、英: Bedsore, Pressure sore, Pressure ulcer、羅: Decubitus ulcer)は、臨床的には、患者が長期にわたり同じ体勢で寝たきり等になった場合、体と支持面(多くはベッド)との接触局所で血行が不全となって、周辺組織に壊死を起こすものをいう。一般には床ずれ(とこずれ)とも呼ばれる。「褥創」と書かれることもあるが、日本褥瘡学会は、「創」の字が局所的な創傷を表すのに対し「瘡」の字が全身的な病態を表すとして、後者の使用を推奨している。

   Wikipedia 褥瘡  最終更新 2018年11月6日 (火) 18:04 引用

 

 

一般的に、「床ずれ」と呼ばれていますが、医学的には、褥瘡(じょくそう)と呼ばれているそうです。

 

 

健康な方であれば、同じ姿勢を続けた場合には、無意識に、寝返りをうったり、身体を伸ばしたりしますが、それが出来ない寝たきりの方などは、知らない間に、血行不良となり、介護者される方が、気づかない間に、床ずれとなり、気づいた時には、かなり進行していたという事例が、少なくありません。

 

 

床ずれは、骨の出っ張った部分に出来やすいと言われていますが、身体の圧迫されたどの部分にも、出来る可能性もあるので、厄介です。

 

 

昔は、介護施設などでは、「2時間に一回」、体位変換をされていたそうですが、最近では、体圧をを分散させるマットレスなどの普及により、「4時間に一回」となっている施設もあるそうです。

 

 

ご自宅で、介護される方も、敷き布団を、体圧を分散させるマットレスなどに変更されてみるのも、床ずれのリスクを減らし、床ずれ予防につながることでしょう。

 

 

また、床ずれ防止用の「体位変換クッション」もありますので、使用されるとよいでしょう。

 

 

Mille Ti Rana 介護 三角 クッション 高密度 マット 体位変換 床ずれ防止 三角枕 メッシュ生地 (グレー)

 

 

この床ずれ防止用クッションは、通気性に優れた、メッシュ生地で出来ており、汗で蒸れにくい仕様となっています。

 

 

メッシュカバーは、取り外して、洗濯も出来ますので、汚れた時も、安心です。

 

 

色は、グレー一色ですが、落ち着いた色合いなので、使う場所を選びません。

 

 

クッションは高密度、高弾性、耐久性のあるクッションを使用しているので、ほどよい堅さがあり、また、三角形の形状で、安定しているので、体位変換した身体を、しっかり保持できます。

 

 

サイズ 長さ46cm、高さ14.5㎝、幅25㎝で、ほどよい大きさです。

 

 

重さは、621 gで、表面がすべりにくいメッシュ素材なので、身体に負担をかけずに、体位返還後の、寝姿勢を保つ事が出来ます。

 

 

 YouTubeの2018/05/15 に公開「みんなの介護」さんの

褥瘡の防止は側臥位への体位変換で!【みんなの介護】

 

 

 

 このビデオを参考に、てこの原理を応用して、仰向けから横向きにして、もとの仰向けに戻らないように、背中に「床ずれ防止クッション」を入れて、横向きの体勢を保ちます。

 

また、下の「豊和グループ」さん動画を参考に、横向きの姿勢の時は、背中以外にも、両足の膝と膝の間やふくらはぎなど、体圧のかかる場所にも、クッションを入れると、さらに効果的です。

 

 

YouTube 2017/05/14 に公開 豊和グループさん

【自宅で介護#1】床ずれ防止・体位変換に!「クッション」の使い方!

 

 

 

「床ずれ予防」は、体位変換も大切ですが、しっかりとした食事で、免疫力を高め、身体を清潔に保ち、皮膚を乾燥させすぎないことなども、床ずれ防止につながります。

 

 

特に、寝たきりの介護者を自宅で介護される方は、定期的に介護者の身体をチェックして、重症化しない内に、早期に「床ずれ」が出来ていないか確認することも、大切です。

 

 

 赤の星アイコン アマゾンさん

 

 

 緑の星アイコン 楽天市場 ミルティラーナさん