楽らく介護への道

日々の介護の負担を減らす役立つ情報や便利な介護グッズをご紹介します。

転ばぬ先の「手すり付き玄関台」

 

 お元気でしょうか? 毎日の介護、お疲れ様です ピンクのチュリップアイコン

 

昔と比べ、今の、65才の方を高齢者と呼ぶのは、はばかられますが、内閣府の「平成29年版高齢社会白書」によると、65才以上の高齢者の事故発生場所は、自宅の外よりも、77,1%と住宅での発生が、もっとも、多くなっています。

 

また、65才以上の方の屋内での、事故発生場所は、「居室」が45.0%と最も多く、「階段」18.7%、「台所・食堂」17.0%の順となっています。

 

6 高齢者の生活環境|平成29年版高齢社会白書(全体版) - 内閣府

 

 

やはり、「居室」、居間が、一番居る時間が長いからでしょうか。

 

80過ぎても、足腰の丈夫な方もいらっしゃいますが、年を取ると、すぐつまずいて、転倒したりすることが、よくあります。

 

 運が悪いと、室内での転倒が、骨折となり、そのまま寝たきりとなり、それが原因で、痴呆症となる方も、いらっしゃることでしょう。

 

ちょっとした段差は、もちろんですが、新聞紙やチラシなどでも、滑って転ぶことがあります。

 

また、そろそろ、登場する時期ですが、こたつのコードやこたつ布団のすそでも、足を取られて、転倒することもあるので、注意が必要です。

 

私も、さすがに、まだ、転倒はしませんが、よく足を引っかけてしまいます w

 

高齢者のいらっしゃるご家庭では、居間など、不要な物は、こまめに、かたづけて無用な転倒を防ぎましょう。

 

また、段差のあるところには、段差を解消するグッズも売られていますが、我が家では、台所と居間の段差に、白いビニールテープを貼っています。

 

それまでは、老いも若いも、よく足をひかけたり、転倒したりしていましたが、不思議なことに、それ以来、誰も転倒することがなくなりました。

 

転倒しないと保証する事は、出来ませんが、安いし、汚れたらすぐ張り替えられるので、やってみて下さい。

 

暗闇でも光る蛍光テープだと、もっと、いいかもしれませんね。

 

 

住宅で一番段差の大きい場所といえば、玄関です。

 

さすがに、我が家でも、玄関には、白いテープは、張っていませんが、転倒防止に、手すり付きの丈夫な踏み台があります。

 

武田コーポレーション 上り下り楽々! 手すり付き 玄関台 60?幅 THG6ーT60

手すり付きは、幅 60㎝(全 70㎝)と幅 90㎝(全100㎝)があります。

 

手すりなしは、60㎝、90㎝、120㎝の三種類です。

 

幅60cm、手すり付きの玄関台の重さは、7 Kgで、耐荷重100㎏となっています。

下部横の三角形の部分は、 横倒れ防止支えで、安定感があります。

 

踏板高さ:約17.5㎝で、最初は、若干高いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、本来の玄関の敷居の高さを考慮してあります。

 

次へのステップの高さが、少し低くなります。反対に、降りる時は、楽になります。

 

玄関での転倒は、大けがになりやすいです。

 

高齢者の居るご家庭で、玄関台を設置されていらしゃらないお家は、転んで大けがする前に、設置を考えてみられたらいかがでしょう。

 

 

☆ アマゾンさん

 

 それでは、今日も、お疲れ様でした ピンクのチュリップアイコン